Home ] Up ] The Controversy ] Online Books ] Study the Word! ] GOD's Health Laws ] Religious Liberty ] Links ]

 

第3章

救いの計画


神様が創った世に、病気で、惨めな一生を送る末、死ななければならない運命にある迷い者でいっぱいになる事が分かるにつれ、天国は悲しみに満ちてきた。 罪を犯した者に逃げる道は無く、アダムとその血族は全滅しなければならない。 私はイエスを見た。 その表情には、同情と悲哀があった。 すぐ父なる神を包んでいる非常にまぶしい光の方に行くのをも見た。 私の付き添いの天使は、「イエスは自分の父と親密な相談をしている」と言った。 イエスが自分の父と相談をしている間、天使たちはピリピリしていたようだった。 三回も父の周りの素晴らしい光に包み込まれ、やっと出て来たらイエスの身体が見えた。 その表情は平和的で、当惑うところなく、ことばで言い表せないほどの慈愛と麗しさに輝いていた。 天使たちに、「迷い人間のために救いの道が作られた」という事を知らせた。 「人間が赦されるため私を身代金として死の判決を引き受けるよう、とお父さんに懇願していた。 そして、私の血の値打ちと神様の戒めへの従順さにより、人間が神様の好意を得、きれいな園に入り、命の木の実が食べられるようになる」と知らせた。

最初、天使達は、司令長官が隠さずに救いの計画を表明してくれた事に対して喜べなかった。 「私のお父さんの怒りと犯罪者である人類との間に立って、不正と軽蔑を負うが、私を『神様の息子』と受け入れる人は少ない」とイエスは言った。 ほとんどの人に憎まれ、拒まれる。 自分の栄光を全て天国に残し、地球で身分を低くし、人間として現れ、そしていろんな誘惑に遭う者を助ける方法を自分が同じように誘惑に遭う事によって会得する。 そしてついに先生としての使命を果たしてから、人の手に渡され、サタンと彼の天使たちに促される悪い人間にいろんな虐待を受け、痛まれ、ひどく苦しい死に方を成し遂げなければならない事を話して聞かせた。 その死に方は罪人の死に方と同じく、天と地の間に掛けられ、天使たちが目を覆うほど何時間もひどくくもんする。 体の苦しみだけではなく、心の苦しみをも受ける。 全人類の罪をみな、自分が負う事になるから、体の苦しみは心の苦しみと比べものになれない。 死んで、また三日後よみがえり、迷い犯罪者、人類と自分の父との間に入って、仲介するため天に昇る、と言った。

天使たちはイエスの前にひれ伏した。 自分たちの命をささげようとした。 イエスは自分の死でたくさんの人を救えるが、天使の死でその負債を返す事ができないと言った。 自分のお父さんが人間の身代金として受け入れるものは一つしかない→イエスの命。

イエスはさらに天使たちにどんな役割をしてもいいのか、自分と一緒に居て、時には力づけてもらう事になると告げた。 堕落した人間の性質を取るから、天使の力に及ばないほど弱くなる。 自分が受ける恥と大きな苦痛を目撃する事もある。 その苦痛と人間に嫌われるのを見る時、彼らの感情が強くかき立てられ、愛する者を人殺しの手から救いたくなるが、どんな事があっても、入って、成り行きを変えたり、じゃましたりするのはだめだ。 でも、復活の際に役割を果たしてもらう。 救いの計画が考案され、そして既に自分のお父さんに承認された、と話した。

イエスは聖なる悲しみで天使たちを慰め、元気づけた。 これから自分が身受けする人は永遠と一緒に住むようになると知らせた。 自分の死で多くの人を受け戻し、死の支配者を滅ぼすことになる。 神様の国を、その天下の大いなる国を自分のお父さんにもらい、世々限りなく所有する事になる。 サタンと罪人は滅ぼされ、二度と天や清められる新地球を乱さない。 自分のお父さんに承認された計画に甘んじるよう、と天使たちに命じた。 自分の死を通して、堕落してしまった人類がまた高められ、神様の好意を得、天国を楽しめる事を喜びなさいと言った。

そして天国は口に言い表せない程の喜びに満ちた。 天国の大勢は賛美と崇拝を込めた歌を歌って、 神様が腰低く、大いなる慈愛で反乱族のために最愛の者を死に譲ったので、天使たちはハープを持って、今まで出せなかった高い音を歌った。 同じく、イエスが父の懐から離れる事に同意して、他人に命をあげるためにひどく苦しい人生を送る末、恥しい死に方を選んだので、天使たちが力を入れ、賛美と崇拝を込めた歌を歌った。

ある天使が私に聞いて、言った、「父が簡単に最愛の息子を譲ったと思う? とんでもない。 天の神様にとっても犯罪者である人類が滅びるべきか、彼らのために最愛の息子を与えるべきか、という選択に悩んだんだよ」。 天使たちが人間の救いに非常に高い関心を持ち、滅びるべき人間のために自分の栄光と命を捨てても良いと思った者さえあった。 「しかし、それは何もならない」と私の付き添いの天使が言った。 その罪は重過ぎて、天使の命では負債が返せない。 迷った人間を絶望的な悲しみや苦痛から救える方法は一つしかない→息子の死と仲介だけだった。

しかし、天使には、やる事が与えられた。 神様の息子が苦しい時に、昇り降りして、栄光からの力づける慰めを持って来て、もてなしをするのがその一つ。 更に、恵みを受けた人たちを、暗やみを掛けようとする悪天使たちとサタンの絶えない攻撃から守る仕事が与えられた。 迷い、滅びる人間のために自分の法律を変える事は不可能だから、神様は、人間の罪のために最愛の息子の死を許した。

サタンと彼の天使たちが、人間を堕落させた事で、神様の息子を高い位から引き下ろせる事でまた喜んだ。 イエスが堕落した人間の性質を受ける時、イエスに打ち勝って、救いの計画の邪魔をするとサタンが自分の天使たちに言った。

昔賞賛され、幸せな天使だった時のサタンの様子を私に見せてくれた。 そして今の様子も。 まだ王様のような姿を保っている。 彼は天使、堕落した天使だからその顔立ちはまだ高貴的である。 でもその表情は心配、不安、不幸、憎しみ、悪意、いたずら、欺き、あらゆる悪に満ちている。 非常に高貴だった額が特に目を引いた。 それは目から引っ込んでいた。 長い間、自分の品位を落としてきたので、性質のすべての善いところが低下してきていると同時に、すべての悪いところが発達してきてしまった事を私は見た。 彼の目付きは陰険で、悪賢かった。 その目付きは物を貫くように鋭く見えた。 体格は大きいが、顔と手の肌は緩く、ぶら下がっていた。 私が見ていた時、彼は左手でほお杖をついていた。 深く考えているようだった。 彼の表情に悪とサタンらしい悪賢くさが満ちた微笑みがあり、それは私を身震えさせた。 彼は、えじきを罪に落とす直前にこういうふうに微笑する。 そして罪のわなを締め、えじきを落とすにつれ、この微笑みがひどく恐ろしくなってくる。

 

イザヤ53章を参照

Back ] Home ] Up ] Next ]


4章 イエス・キリストの最初の降臨 へ進む
トップに戻る

目次に戻る


(C)著作権2001年。コピーは自由。 Copyright 2001. Free to copy.